ITの進歩と共に歩み続ける・・・